【薬酒】養命酒の効能・効果、飲んだ感想は?養命酒が飲めない人はどうしたらいい?

こんにちは。薬剤師のあきゆいです。

時々、患者さんから「養命酒を試してみたいんだけど実際どうなの?効果あるの?」って聞かれることがあります。

実は、養命酒って400年も前から作られている薬酒(生薬を酒に浸して有効成分を抽出したもの)で、上手に使えば健康の手助けをしてくれる医薬品です。

ただし、昔ながらの薬とはいえ、正しい飲み方や、飲むのに注意が必要な人もいます。

この記事では『養命酒の効能・効果』、『実際に試してみた感想』、『養命酒がおすすめな人』と『おすすめできない人』など、わかりやすくご紹介しているので、養命酒が気になる方は参考にしてみてください。

スポンサーリンク

1.養命酒とは

1-1.養命酒の効能・効果 ~ どんな人におすすめ? ~

養命酒の効能・効果は、『滋養強壮剤として、様々な症状を改善していきます』と書かれています。でも、『様々な症状』って幅広くてわかりにくいですよね。

一体、どんな症状を改善してくれるのでしょうか?

効果1:肉体疲労改善

元気

体がだるい、疲れがとれないといった肉体疲労でお悩みの方に。
滋養強壮剤として体力をつけながら、疲労を和らげていきます。

毎日の仕事や育児は大変ですよね。そんな休日は家でゴロゴロしがち・・・。

でも、『休日を思いっきり過ごしたい!』、『来週に疲れを残したくない!』という方におすすめ。

 

効果2:手足や足腰の冷えを改善

冷え性

手足や腰、肩や背中が冷えてつらい方に。薬用養命酒に含まれる生薬の薬効成分が 血行とともに体内を巡り、代謝機能を整えて冷えを改善します。

季節の変わり目、特に暑くなってくると、冷房が効きすぎた部屋で体調を崩したり、冷たい飲み物を飲みすぎて体を冷やしすぎたりして、手足や足腰の冷えがひどくなっていませんか?

そんな時に養命酒を飲むと、血流改善効果によって冷えを和らげてくれます。

普段から手足の冷えを感じている人にもおすすめです。

 

効果3:胃腸障害・食欲不振の改善

お腹が痛い

消化器官が弱く、胃腸の調子が悪い方、胃腸が弱り気味という方に。 薬用養命酒を食前に服用していくことで、弱った胃腸の働きを整え、丈夫にしていきます。

食欲がない、食べたいのに食べられないという方に。薬用養命酒を食前に服用していくと、 薬効成分によって胃腸の働きが活発になり、低下していた食欲を正常に戻していきます。

夏バテなどで胃腸が弱っていると、食欲低下の原因になり、体力も落ちてしまいます。

養命酒は、弱った胃腸を元気にして、食欲の改善が期待できることから、日頃の体力低下も予防できるので、最近胃腸の調子が気になる人におすすめです。

その他にも、『病中、病後の体力回復』、『疲れやすい、虚弱体質』、『いつも顔色が悪い人』などに効果が期待できるそうです。

こんなに様々な効果があるのは、養命酒の生薬成分に理由があります。

 

1-2.養命酒の成分

生薬

では次に、養命酒の成分を見ていきましょう。

ちなみに、60mLは養命酒1日分の服用量です。

成分・分量(60mL中)

成分名含有量
インヨウカク114mg
ウコン36mg
ケイヒ270mg
コウカ12mg
ジオウ60mg
シャクヤク60mg
チョウジ24mg
トチュウ18mg
ニクジュヨウ48mg
ニンジン60mg
ボウフウ96mg
ヤクモソウ48mg
ウショウ594mg
ハンピ12mg

なんと、全部で14種類の生薬が入っています! 

薬剤師的には「こんなにたくさん入っているの!?」と、びっくりしました。

それぞれ、効能別にまとめてみましょう。

 

成分1:循環を良くする効果

  • 【ウショウ】・・・胃腸の働きをバランスよく整える芳香性健胃薬としての効能や、急性胃腸炎や下痢などにも効果あり、体を温める効果もあるので冷え症(冷え性)や、湿疹、小児の皮膚のただれにも良いとされています
  • 【ヤクモソウ】・・・お血(血流障害)を除いて血行を促す、月経を整える、利尿して水腫を除くなどの作用がある婦人薬として使われます
  • 【コウカ】・・・活血・通経・駆お血(血行障害の治療)・止痛の効果を期待して、月経痛・月経異常・冷え症(冷え性)・更年期障害・打撲傷などに使われます
  • 【ウコン】・・・理気(気を巡らせて整える)・去お(血行障害の治療)・痛み止めとして、胸部痛・月経痛・打撲などに用いられ、利胆(胆汁の分泌促進)・健胃作用があるので、肝臓の不調・胃炎や胃酸過多などにも使用されます

 

成分2:体を温める効果

  • 【ケイヒ】・・・体を温める効果があり、冷え症(冷え性)や冷えからくる肩こり・関節痛・腹痛・下痢・月経痛などの痛みにも効果が期待できます
  • 【チョウジ】・・・胃腸の消化機能を促進したり、体を温める作用があり、芳香性健胃薬として、消化不良・嘔吐・下痢・腹部の冷痛などの際に使われます

 

成分3:滋養効果

  • 【ジオウ】・・・補血・強壮の薬として、貧血や虚弱体質の改善に使ったり、血が薄くて体力がない人、血がドロドロしていて打撲時に内出血しやすい人に使われます
  • 【インヨウカク】・・・強壮・強精効果があるので、男性の性的不能・女性の不妊・高齢者の衰弱・腰や膝の衰えなどに使われます
  • 【ニクジュヨウ】・・・性的不能や不妊症、足腰が萎えて弱った状態、物忘れなどの場合に使われ、効き目が穏やかなので高齢者にも使用できます
  • 【トチュウ】・・・腰や膝の痛み・妊婦の腰重・足の膝軟弱・排尿困難・帯下・性機能障害・不正子宮出血・高血圧などの改善に使用されます
  • 【シャクヤク】・・・鎮痛鎮静・筋弛緩・抗けいれん・血管拡張・抗炎症など幅広い効果が報告されており、筋肉のこり・腹痛・身体疼痛・手足のひきつれ・胃けいれん・下痢などに使われます
  • 【ニンジン】・・・疲労の回復・記憶過程の改善・抗ストレス・消化管運動亢進・ストレス性胃潰瘍抑制・高血糖の改善・抗アレルギーなどの作用が知られています。

 

成分4:老廃物の排出をうながす効果

  • 【ボウフウ】・・・抗ウイルス作用、解熱作用、消炎鎮痛作用、血圧降下作用、胃粘膜を守る作用、関節炎を抑制する作用などが知られています
  • 【ハンピ】・・・マムシから取れる生薬で、古くから強壮強精、新陳代謝の良薬として知られており、強壮・解毒作用を期待して酒に漬け、全身の衰弱や内臓機能の衰え・できもの・しびれ・脳卒中後の麻痺・痔疾などに使われます

 

「まあ、よくこんなに沢山の生薬を詰め込んで飲みやすく仕上げたなぁ。」

という、頭の下がる思いになりますね。

 

1-3.養命酒のアルコール度数

アルコール

アルコール度数は意外と高い『14度』です。ワインと同じぐらいの度数なんですね。

体に良いからと飲みすぎると酔っ払っちゃうので、『1回20mL、1日3回 食前又は就寝前に服用』をしっかりと守りましょう。

 

2.養命酒を実際に飲んでみた感想

なんと、こっそり弟が養命酒を購入して飲んでいたので、兄の僕も頂いちゃいました。

いつから飲んでいたのか聞くと、もう1年以上前とのこと・・・まじか。

2-1.味

養命酒の味は『甘め』ですね。これは、養命酒にブドウ糖液が加えられているからだと思います。

特別飲みづらいわけでもなく、1回あたり20mLと少量なので、スッと飲めてしまいます。

 

2-2.飲んだ後の感想

(注:仕事中に飲んではいけません)

飲んだ後は、体がぽかぽかするというか、血の巡りが良くなった感覚がありました。

毎日養命酒を飲み続けていくと、寝覚めがよくなって肩こりなども改善している感じです。

 

効能効果にあるような『肉体疲労』の改善は僕にもみられましたね。

あと、いつもの僕は朝下痢することが多かったんですが、下痢の頻度も減っている気がします。

 

スポンサーリンク

3.養命酒を飲んではいけない人

養命酒は多くの人におすすめしたい製品ですが、残念ながら養命酒を飲んではいけない人もいます。

3-1.アルコールが苦手な人

うなだれる人

アルコール度数が『14度』と、決して低くない数値なので、アルコールが苦手な方、飲めない方にはおすすめできません。

 

3-2.妊婦、手術予定・病気治療中の人未成年

妊婦

養命酒にアルコールが入っていると知らずに服用している人もいると聞きます。

もちろん、妊婦さんは飲んではいけません。

また、手術を控えている人、病気を治療中の人なども、治療内容によっては服用してはいけないことがあります。かかりつけ医に相談してから服用するか決めましょう。

それに、当たり前ですが未成年も飲んではいけません。

しかし、子供でも飲めるサプリメントに幸健生彩というものがあります。胃腸が弱い子供にはこちらをおすすめします。

 

3-4.運転をする予定のある人

車

これはもう、言わずもがな。

車・バイクを運転する前に服用してしまったら、立派な飲酒運転になってしまいます。

飲んだら絶対に乗らないようにしましょう!

 

4.養命酒が飲めない人には、養命酒製造の『幸健生彩(こうけんせいさい)』がおすすめ!

「アルコールが飲めないけど、養命酒が気になる・・・」

そんな方におすすめなのが、養命酒の販売元である『養命酒製造』がアルコールが苦手な人向けに開発した『ノンアルコール』のタブレット型のサプリメント、

『幸健生彩(こうけんせいさい)』です。

ノンアルコールなので、車を運転する方、お酒に弱い人でも問題なく飲めるところが嬉しいですね。

そんな幸健生彩の口コミは、こちらの記事にまとめてあります。

では、『幸健生彩』成分や用法用量を見てみましょう。

● 成分一覧(4錠中)

シャクヤクエキスS・34.3mg、ケイヒエキスS・12.5mg、カンゾウエキスS・25mg、タイソウエキス・80mg、ショウキョウエキス・22.2mg、ニンジンエキスS2・170mg、タウリン・300mg、ニコチン酸アミド・20mg、酢酸d-α-トコフェロール(ビタミンE)・10mg、ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)・10mg、リボフラビン(ビタミンB2)・3.9mg

● 用法用量

成人(15歳以上)1回2錠、1日2回、朝夕に服用 

(引用:幸健生彩

養命酒に比べて配合されている生薬の数は減っています(養命酒:14種類 → 幸健生彩:6種類)が、タウリンやビタミンが追加されているのが養命酒にはないポイントです。

この幸健生彩の有効成分である生薬エキスの組み合わせは、漢方薬の『小建中湯』(疲労感がある人・胃腸の調子が悪い人に効果的)に似ています。

「小建中湯」は、胃腸を意味する「中」を「建て直す」薬で、「桂枝加芍薬湯(ケイシカシャクヤクトウ)」に「膠飴(コウイ)」を加えた処方です。「桂枝加芍薬湯」よりさらに「虚証」※の人に用いられます。

疲れやすい、胃腸が弱い、かぜをひきやすいといった虚弱体質の改善は、西洋医学ではなかなか対処しにくいものですが、漢方では得意とするところです。「小建中湯」は疲労倦怠感、寝汗、動悸、腹痛、冷え、頻尿などの症状があり、腹直筋が緊張しているような場合に使われます。

胃腸の調子をよくして体力をつける薬ですから、大人でも、胃腸が弱く、神経質で、緊張するとおなかが痛くなったり、過敏性腸症候群の人などの腹痛に用いられます。(引用:ツムラ小建中湯

つまり幸健生彩も、

  • 胃腸の調子がなんとなく悪い
  • 疲れがたまってダルい
  • 最近、食が進まない

といった悩みがある人に相性が良いと考えられます。

『養命酒を試したいけど、アルコールがダメな人』は、幸健生彩を日々の健康増進に役立ててみても良いかもしれませんね。

ちなみに、今なら公式サイトで定価の50%オフで購入できるキャンペーンをしているので、気になる方は確認してみましょう。

▼幸健生彩の公式サイトはこちら

スポンサーリンク

▼ おすすめの関連記事 ▼



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です