【メキシコペソ円の運用開始】毎月2万円の積立投資をFXプライムbyGMOで始めてみた。

こんにちは!

メキシコペソ円のFX積立投資で不労所得をもくろむ、あきゆいです。

2018年10月1日から、『毎月2万円を入金してメキシコペソ円を1万通貨購入していく』積立投資を開始しました。

なぜトルコリラや南アフリカランドではなく、メキシコペソかって?

それはトルコや南アフリカより、メキシコに将来性ありと考えているからです。

これからブログで実績公開しつつ、メキシコペソをご紹介していこうと思います。

スポンサーリンク

1.なぜメキシコペソ投資?

1-1.メキシコペソとは

『メキシコペソ』とはメキシコの通貨です。表記(コード)は『MXN』。

2018年10月現在、メキシコペソ/円=約6円で購入できます。

今、高金利通貨のスワップ目的の投資が人気ですが、メキシコペソも政策金利7%以上の高金利通貨なんです。

高金利通貨はその国の不安定さが懸念されるところですが、メキシコペソ(MXN)の通貨格付けは『BBB+(安定的)』とされています。

ちなみに、高金利通貨で人気の『トルコリラ』と『南アフリカランド』のS&P通貨格付けは、ともに「BB(投資不適格)」です。

米S&Pグローバル・レーティングはメキシコの信用格付け見通しを「安定的」とし、これまでの「ネガティブ(弱含み)」から引き上げた。実質的な債務水準悪化は見込んでいないとしている。同社の発表資料によれば、外貨建て格付けは「BBB+」に据え置かれた。(引用:Bloomberg

また、メキシコは若年層も多く今後成長も期待できる国で、ブルームバーグによると2018年の魅力ある新興市場ランキング第1位に選ばれています。

ブルームバーグは成長や利回り、経常収支、資産バリュエーションなどに基づいて分析した。20市場の中でメキシコのスコアがトップ。(引用:Bloomberg

このように、メキシコペソは高金利通貨の中でも比較的リスクをおさえつつ、高いリターンが見込めると考えます。

メキシコペソ注目の理由

  • 高金利(政策金利7%以上)でスワップが高い!
  • トルコリラ・南アフリカランドに比べ、通貨格付けが高い(安定的)
  • 高金利通貨の中では値動きが底堅く、取引リスクが少ない
  • 将来的な経済成長も見込まれる

 

1-2.メキシコペソの値動きは?

メキシコペソは政策金利が高くて、より安定した投資先であると評価されている。

それこそが、メキシコペソをトルコリラや南アフリカランドよりおすすめできる最大の理由です。

もちろん、長期的に下落しないとも言い切れませんが、実際のメキシコペソの値動きを見ても、トルコリラや南アフリカより値幅は小さめです。

その理由の1つとして、メキシコはアメリカに隣接したお国柄、貿易取引先もアメリカに依存しているため、米ドルに連動する傾向が強いからです。

こちらは、メキシコペソの過去10年チャート。

2008年9月のリーマン・ショック以降、6円台になったメキシコペソはそのまま5~8円台を推移して、2018年10月時点で、6.0円まで上昇中です。

 

2.過去に21%超のリターン実績あり!

『初めてメキシコペソに投資する風』に書きましたが、実は今年1回積立投資をFXプライムbyGMOで始めていました。

ただ、2018年7月に一度すべて決済しています。

その理由は、当時のメキシコ大統領選だったり、トルコリラの暴落(今もだけど)だったりで、高金利通貨が不安定になった状況をみてリスクオフのためです。

結果は4ヶ月間で80,000円入金して、スワップ+売買益で合計17,000円の利益になりました。

なんと、

約21%のリターン!

かなりいい成績でしたね。

一度は様子を見ていたメキシコペソですが、大統領選も終わり、NAFTA合意などポジティブなニュースもうけて目下のリスクは過ぎたと判断しました。

9月30日に米国とカナダの間で合意に至った北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉について、メキシコの政府や業界団体はおおむね歓迎のコメントを発表している。

イルデフォンソ・グアハルド経済相は10月1日、大手テレビ局テレビサのインタビュー番組に出演し、「北米にとって良い一日となった。新NAFTAは新しい時代の協定だ」と再交渉の合意を評価した。(引用:JETRO

というわけで、今回再開することとしました。

FXでは売買を繰り返す裁量トレードが主流かと思いますが、トルコリラで懲りたのでやりません。私には向いていないようです。笑

投資手法は、『毎月2万円を入金してメキシコペソ円を1万通貨購入していく』積立投資オンリーです。

 

スポンサーリンク

3.今回は長期目線でいくよ

メキシコペソ積立投資は、現在の金利が変わらないとするならば30年間で1億円の資産形成もできる計算になります。

もちろん、30年後の経済状況は誰も予想できないのでわかりませんが、夢がありますよね。

利用するFX口座は、スワップポイントが安定して高い価格を提示してくれるFXプライムbyGMOです。

今回は長期目線でがんばります!

 

FXプライム by GMOとは?

FXプライム by GMOのメリットは、業界最高となる「16円/1万通貨」のスワップポイントが付与されるところです。

しかも、ポジションを保有し続けている間はスワップポイントが非課税。

そのため、FXプライムbyGMOは長期スワップ投資派におすすめのFX会社なんです。

FXプライム by GMOの特徴

  • スワップポイントが「1日あたり16円/1万通貨」と最高水準!
  • ポジションを決済しない間は、スワップポイントに税金がかからない
  • 必要証拠金が「2,400円」と低い
  • スプレッド(通貨を売る時の値段と通貨を買う時の値段の差)が原則固定の「1.9銭」
  • プロのようなチャート予想ツール「ぱっと見テクニカル」が無料で使える

 

しかも、口座開設者はチャート予想ツール「ぱっと見テクニカル」が無料で使えるという特典もあります。

ぱっと見テクニカル

ぱっと見テクニカル 形状比較分析

最大約12年分(ローソク足3000本分)の過去チャートの中から、現在のチャートと形状が似ている時期を瞬時に探し出し、「過去の値動き」を参考にして「将来の値動き」を予測します。プロの世界でも活用されているチャート分析方法が、はじめての方でもクリック一つで簡単にご利用いただけます。(引用:FXプライム by GMO)

難しいチャート判断の手助けをしてくれる便利なツール『ぱっと見テクニカル』が無料で使えるとは凄いFX会社ですよ。

まだ使ったことが無い方は、ぜひ口座開設して使ってみてください。

▼公式サイトで詳しく

 

▼あわせて読みたい『メキシコペソ投資』関連記事

スポンサーリンク

▼ おすすめの関連記事 ▼



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です