【必ず加入】自転車保険が義務化の流れ!加入しないリスクがやばい

自転車保険とは「自分(家族)が自転車に乗って、他人に怪我をさせてしまった時に適応される保険」です。

実際にあった自転車事故では、「最高約1億円」の損害賠償支払い命令の判決も出ているくらい自転車の事故は深刻で、最近は自転車保険の加入が義務化となる自治体が増えています。

でも、自転車保険の加入義務を守らなかったらどうなるのか知っていますか?

この記事では、自転車保険義務化と守らないときの罰則や、おすすめの自転車保険の選び方についてご紹介します。

スポンサーリンク

1.名古屋市で自転車保険加入が義務化。未加入だと罰則はある?

1-1.自転車保険未加入でも罰則はない?

「自転車保険の加入が義務化!」と聞くと、守らないと罰則がありそうですよね。

実際のところはどうなんでしょうか?

名古屋市のウェブサイトにはこのように載っています。

保険加入義務に違反すると罰則があるのか

回答:保険加入は義務ですが、加入しなくても罰則はありません。被害者を保護するため、万が一加害者となった場合の経済的負担の軽減を図るためにも保険に加入してください。(引用:名古屋市 保険に関するQ&A

ん??

義務のはずなのに罰則がないとは、どういうことでしょうか?

次のQ&Aに、その理由が載っていました。

罰則もないのに義務といえるのか

回答:保険の義務化については、保険加入の有無を確認することができないことから、罰則等を設けることができません。自転車事故に備えた保険については、「人にかける保険」と「車体にかける保険」があり、「人にかける保険」については、家族のうち1人が加入すれば、家族全員が対象となるものが多いことから、自転車利用者本人に確認しても、加入状況が明確にならない状況にあります。(引用:名古屋市 保険に関するQ&A

なるほど、行政としては「一人ひとりが保険に加入しているかどうかを把握する方法がないから、あえて罰則を設けなかった」ということですね。

それでも「義務」と制定したのは、何か理由があるはずです。

 

1-2.なぜ、義務化されたのか?

名古屋市以外でも、兵庫県・大阪府・滋賀県・鹿児島県が自転車保険の加入義務化を行っています。また、京都府や京都市でも2018年4月から義務化開始されます。

このような義務化の流れの背景に、「相次ぐ自転車事故と高額な賠償金」の問題があると言われています。

条例制定の背景

 自転車は手軽で便利な乗り物であり、子どもから高齢者まで多くの方に利用されていますが、一方で交通ルールを守らない自転車利用者も多く、社会的に問題になっています。また、近年自転車事故で相手方を死傷させた場合に、高額の損害賠償を命じる判決が相次いでいることから、自転車の安全利用に関する関心が高まっています。

そのため、名古屋市では自転車の安全で適正な利用を促進し、交通事故の減少を図るとともに、自転車事故による被害者の保護を図るため、自転車の安全で適正な利用の促進に関する条例を制定しました。(引用:名古屋市

自転車には免許制度も無く、交通ルールは自転車本人のモラルに委ねられているのが現状です。

信号無視や一旦停止無視など、交通ルールを守ることが自転車の運転者には求められていて、万が一事故を起こしたときの責任についても、今まで以上に厳しく追求される可能性があるんですね。

 

1-3.自転車事故の賠償金は1億円!?

自転車事故で、万が一他人にケガをさせたときの賠償額っていくらになるかご存知ですか?

なんと、「最高1億円」の損害賠償命令の判決が下った例があります。

 

2.大切な家族のためにも、自転車保険(個人賠償責任保険)に入ろう

2-1.自転車保険でなくとも、個人賠償責任保険で十分

自転車保険は、一般的に「相手にケガをさせたときの保険(個人賠償責任保険)」と「自分のケガに対する保険(入院保険など)」がセットになっています。

2つの保険がセットになっている分、自転車保険は年間5000~10000円程度の保険料がかかってしまいます。

でも、万が一の時に費用が高額になる可能性があるのは「相手にケガをさせたとき」

つまり、相手にケガをさせたときの「個人賠償責任保険」に加入するだけでも必要十分とも言えます。

個人賠償責任保険だけなら、年間3000~4000円程度の保険料に抑えることが出来るので、個人賠償責任保険への加入がおすすめです。

個人賠償責任保険の加入方法は、「火災保険の特約に加入」、「クレジットカードの付帯保険に加入」、「自動車保険の特約に加入」などの方法があります。

 

2-3.おすすめは「JCB EITカード」の付帯保険

簡単に個人賠償責任保険に加入できるのが、「クレジットカードの付帯保険」を選ぶ方法です。

その中で、掛金と補償のバランスが一番良いのは「JCB EIT(ジェイシービーエイト)カード」です。

JCB EIT(ジェイシービーエイト)カードは、年会費無料のクレジットカードで、オプションとして「JCBトッピング保険」という保険サービスに加入できます。

このJCBトッピング保険がコスパ抜群なので、自転車保険を探している方はぜひ検討すべき保険です。

JCBトッピング保険~おすすめの2プラン~

  • 「日常生活賠償プラン」(契約者本人の事故のみ補償):月額150円
  • 「JCBトッピング保険 自転車プラン(基本)プラン」(家族全員の事故を補償):月額280円 

2つのプランはともに「個人賠償責任 1億円」の補償が受けられます。

さらに、JCB EITカードの「JCBトッピング保険 自転車プラン(基本)プラン(月額280円)」なら、

  • 死亡・後遺障害(交通事故のみ) 100万円
  • 入院保険金日額(交通事故のみ) 1,000円
  • 入院中に受けた手術 10,000円
  • 外来で受けた手術 5,000円

この4点の補償も、自分のケガに適応されます。

通常のクレジットカードに付帯する個人賠償責任保険では、自分のケガについては補償されませんが、JCB EITなら月々300円以下で自分のケガまで補償してくれるのでかなりお得です。

JCB EITカードの「JCBトッピング保険 自転車プラン(基本)プラン(月額280円)」は、月々たった280円というコーヒー1杯より安い価格で家族全員の事故が補償されるので、かなりコストパフォーマンスが良い保険だと思います。

年会費無料というメリットを活かして、保険専用のクレジットカードとして保有するのがおすすめですね。

詳しく知りたい方は、JCB EITカードの公式サイトを確認してください。

→ JCB EITカードの公式ページを見る

 

2-3.火災保険の個人賠償責任保険に加入する

戸建てやマンションを購入している人には「火災保険の個人賠償責任保険に加入する」方法もおすすめです。

まずは、保険代理店に相談することをおすすめします。

ついでに火災保険の見直しもしてしまえば、家計にも優しいですよね。

『火災保険一括見積もりサービス』なんかも使ってみると良いと思います。

 

スポンサーリンク

3.まとめ ~自転車保険は賢く選ぼう~

繰り返しますが、自転車保険は加入していなくても罰則はありませんが、万が一事故を起こしたときの高額賠償に備えて加入しておくことを強くおすすめします。

その中でも、相手への補償に特化した「個人賠償責任保険」を選びましょう。

特に、年会費無料のクレジットカード「JCB EITカード」で加入できるJCBトッピング保険なら、月々280円で「1億円の損害賠償+自分のケガへの補償」がつけられるのでおすすめです。

それでは、安全な自転車ライフを!

スポンサーリンク

▼ おすすめの関連記事 ▼



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です