【美容目的NG】ヒルドイドは正しく使って!保湿剤に年間25億円の医療費が使われているという事実

白色ワセリンとヒルドイド

抜群の保湿力をもつ「ヒルドイド(ヘパリン類似物質)」。

そんなヒルドイドが今、美容液として一部の人に対して大量に処方されて問題になっています。

これは医療費増大の要因となっており、今後も続けば保湿剤が保険適応から外されてしまう可能性がでてきました。

ヒルドイドの不適正処方(利用)についてまとめました。

スポンサーリンク

1.美容目的のヒルドイドはNG!

1-1.ヒルドイドは美容液ではない

マルホが販売する「ヒルドイド」は抜群の保湿効果で、ネットや雑誌では「アンチエンジング」、「美容」目的のクリーム・化粧水として紹介されています。

しかし、美容目的でのヒルドイドの使い方は本来の目的と違いますし、思わぬ副作用がでる可能性もあります。

このような美容目的でのヒルドイド(ヘパリン類似物質)の処方増加を問題視する報道も多く出るようになってきました。

販売元のマルホも、この件について公式見解を発表しています。

ヒルドイドの適正使用に関するお知らせ

 マルホ株式会社(以下、マルホ)は、マルホが製造販売する「ヒルドイド®クリーム 0.3%」「ヒルドイド®ソフト軟膏 0.3%」「ヒルドイド®ローション 0.3%」(以下、ヒルドイド)を含むヘパリン類似物質製剤について、一部の雑誌やインターネット上に、美容目的での使用を推奨していると受け取られかねない記事の掲載を確認しています。

(中略)

 医師が、患者さん一人ひとりの皮膚の状態を診察した結果を踏まえ、必要に応じて処方されているヒルドイドについて、患者さんが自己判断で治療以外の目的で使用することは、適切な効果が見込めないだけでなく、思わぬ副作用が発現するリスクがあります。
 マルホは、医療用医薬品の有効性と使用される患者さんの安全性を何よりも重視しております。今後とも、ヒルドイドの美容目的での使用を推奨していると受け取られかねない記事に対して厳しい姿勢で臨むとともに、医療関係者の皆様や患者さんへの医療用医薬品の適正使用に関する啓発に努めるなど、責任ある企業として対応していきます。(引用:マルホ株式会社

そもそも、メーカー側は美容効果を目指して作っていませんし、適応として「皮膚の炎症性疾患」や「肥厚性瘢痕・ケロイド(つまり傷跡)の治療と予防」、「皮脂欠乏症」などの病気に使うよう定められています。

つまり、ただの乾燥肌で処方することは「適応外=違法」となってしまいます(とは言っても、誰も止められないのが現状なのが残念なところですが)。

 

ちなみに、「アトピー性皮膚炎にはヒルドイドを処方できるのか?」という疑問を持つ方も多いようですね。

結論として、アトピー性皮膚炎へのヒルドイド使用は保険上認められています。

その詳細について、診療報酬の審査・支払いを行っている「社会保険診療報酬支払基金」のサイトに掲載されています。

 原則として、「ヘパリン類似物質【外用薬】」を「アトピー性皮膚炎に伴う乾皮症」に対し処方した場合、当該使用事例を審査上認める。(引用:社会保険診療報酬支払基金

繰り返しますが、単なる保湿剤としてヒルドイドの成分を使いたい場合は、本来、保険適応にはならない(というか違法)ので市販薬の購入をおすすめします。

 

1-2.ヒルドイドの副作用・禁忌

安易に美容目的で使用してはいけない理由の1つに、ヒルドイドの副作用があります。

抜群の保湿効果をもつヒルドイド(ヘパリン類似物質)ですが、赤ちゃんにも使えるというイメージからか「副作用が無い」と思っている方も多いようですね。

しかし、ヒルドイド(ヘパリン類似物質)にも副作用・禁忌症例があります。

ヒルドイドを使っては行けない部位、病気があるのでご紹介します。

 

● 出血性疾患のある人は禁忌

ヒルドイドには、血栓(血のかたまり)を溶かして血流を良くする作用があります。言い換えると、出血しやすくなる作用ということ。

そのためヒルドイドの添付文書にも禁忌として以下のように書かれています。

(1)出血性血液疾患(血友病、血小板減少症、紫斑病等)のある患者
(2)僅少な出血でも重大な結果を来すことが予想される患者(引用:ヒルドイド添付文書)

出血性疾患とは「血友病・von Willebrand病」などがありますが、これらの人はヒルドイドの禁忌に該当します。

このような出血傾向のある人には、皮膚の出血などが悪化する可能性があるので使用できません。

 

● ヒルドイドの副作用

ヒルドイドの副作用発生率は、ヒルドイドソフト軟膏で0%、ヒルドイドローションで0%、ヒルドイドクリームで0.93%と報告されています。

クリームで報告されている副作用として、皮膚炎、そう痒(かゆみ)、発赤、潮紅、発疹などがあります。

確かに発生頻度としては少ないですが、「全く安全な薬」というのは世の中に存在しないんです。

 

2.ヒルドイド(ヘパリン類似物質)処方増で、国民医療費も急増している

2-1.ヒルドイドは年間「60億円」処方されている!?

ヒルドイドなどの「ヘパリン類似物質」の処方件数がどのくらい増えているのか、こちらの記事に詳しく紹介されています。

処方量に薬価(14~15年度当時)をかけて算出した処方金額は、処方量の多い上位10製品だけで15年度は473.14億円に上り、14年度の413.13億円から60億円増加しました。これは14年度から15年度にかけて増加した国全体の医療費1兆5573億円の0.4%に相当。処方箋料や調剤料を含めると、その額はさらに膨らみます。保険で安く手に入るヘパリン類似物質ですが、その処方の増加が医療費全体に与える影響は、決して小さくはありません。(引用:AnswersNews

もちろん、適切に使用されているのがほとんどで、不適切な処方はこの一部と思われますが、年間「60億円」もヘパリン類似物質だけに支払われているなんて驚きです。

不適切にヒルドイドを処方してもらう側は「3割負担で安く購入できてラッキー♪」くらいにしか思っていないでしょうが、残りの7割は国民の税金で負担しています。

自分の税金が、他人の美容目的で使われていると考えたら、どうでしょう?

あまりいい気持ちがしないのではないでしょうか?

 

2-2.ヘパリン類似物質の単独処方は、年間「25億円」!

ヒルドイドを含むヘパリン類似物質の単独処方って、実際にどの程度あるんでしょうか?

健康保険組合連合会が平成29年9月に発表した「政策立案に資するレセプト分析に関する調査研究Ⅲ」によると、ヘパリン類似物質の単独処方は年間25億円になるとのことです。

この表を見ると、ヘパリン類似物質の単独処方は男性の約10億円に対し、女性で約15億円と約1.5倍の量が処方されていることがわかりますね。

この中の何割かは、美容目的のヒルドイド処方が紛れ込んでいると考えられます。

 

2-3.保湿剤単体の処方を保険適応外とすると、年間「93億円」の節税効果

先ほどの「政策立案に資するレセプト分析に関する調査研究Ⅲ」では、増加し続ける保湿剤単独処方を問題視して、保湿剤を保険適応外にする案(政策提言)も載っています。

【政策提言】

  • 外来診療において、皮膚乾燥症に対して保湿剤(ヘパリン類似物質または白色ワセリン)が他の外皮用薬または抗ヒスタミン薬と同時処方されていない場合には、当該保湿剤を保険適用から除外する。
  • 中長期的には、海外の保険収載の状況や一般用医薬品の流通の状況等を踏まえ、保湿剤の処方そのものを保険適用外とすることも検討すべきである。
  • 上記の政策を実施した場合に削減が見込まれる薬剤費は、前者では年間約93億円、後者では年間約1,200億円と推計される

(引用:政策立案に資するレセプト分析に関する調査研究Ⅲ

なんと、「皮膚乾燥症に対して保湿剤(ヘパリン類似物質または白色ワセリン)が他の外皮用薬または抗ヒスタミン薬と同時処方されていない場合には、当該保湿剤を保険適用から除外」した場合には年間「93億円」の薬剤費が削減できるそうです。

でも、保湿剤の単独処方を保険適応外にされたら、アトピー性皮膚炎の人とか困っちゃいますよね?

やはり、医療者・患者ともに「ヒルドイドの美容目的処方を止めさせる」という意識を持つことが大切だと思います。

 

スポンサーリンク

3.まとめ ~処方薬を正しく使うモラルが求められている~

赤ちゃん 軟膏

今回、「ヒルドイドを美容目的で使う」人が増えている問題をご紹介しました。

このままヒルドイドの美容目的使用が増え続けたら、保湿剤の保険適応が外され、本当にヒルドイドなどの保湿剤を必要としている人たちの生活を圧迫してしまうかもしれません。

処方せん医薬品は国民の税金で支払額の7割を負担しているということを再認識し、これからも国民皆保険が続けられるように、処方を貰う側・発行する側のモラルが求められています。

また、市販薬にはヒルドイドと同じ有効成分『ヘパリン類似物質 0.3%』を配合した製品が売られているので、そちらを試してみるのも良いですね。

スポンサーリンク

▼ おすすめの関連記事 ▼



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です