ヒルドイドと同じ市販薬はあるの?成分から見るおすすめ商品はコレ!

抜群の保湿効果をもつ『ヒルドイド』

最近ではヒルドイドの美容目的使用が問題視されて、簡単には処方されなくなってきました。

「それでもヒルドイドを使いたい!」って人におすすめなのが、ヒルドイドと同じ成分をもつ市販薬です。

実は市販薬のほうが病院よりコストがかからない場合もあって、ネットショッピングや薬局でも簡単に購入できるので、時間のない人にもおすすめです。

この記事では、ヒルドイドと同成分でおすすめの市販薬をご紹介します!

▼美容目的でのヒルドイドはNG!理由はこちら

スポンサーリンク

1.ヒルドイド(ヘパリン類似物質)の保湿効果

ヒルドイドは赤ちゃんから大人まで、幅広く使用できる保湿剤です。

成分名は『ヘパリン類似物質 0.3%』

適応として「皮膚の炎症性疾患」や「肥厚性瘢痕・ケロイド(傷跡)の治療と予防」、「皮脂欠乏症」などの病気に使用できます。

 

最近の研究結果から、ヒルドイド(ヘパリン類似物質)を使用することで皮膚の水分量が上昇することが示されています。

ヒルドイド®ソフト軟膏0.3%では塗布後1日目から3日目まで角層水分量が上昇し、3日目以降もその効果が持続していることが示されました。(引用:マルホ

ピンク色の線がヒルドイド。上に行くほど角質の水分量が増えているという結果です。

この結果を見る限りでは、尿素剤より『ヒルドイド(ヘパリン類似物質)』が断然効果的ですよね!

あきゆい
うちの子供にも保湿剤として処方されました。カサカサした子供の肌がみるみるキレイになりましたよ。

 

2.ヒルドイドの市販薬は意外と安い

ヒルドイドを病院で処方してもらう人で多いのが、

「病院のほうが安いから。」

という意見。

しかし、本当にそうでしょうか?

ヒルドイドを病院で処方してもらうコストと、市販薬を購入するコストを比較してみます。

2-1.病院でヒルドイドを処方された場合

病院でヒルドイド50gを1本処方してもらう場合、3割負担の人のケースで計算してみました。

病院での支払額:約1100円(3割負担)

保険薬局での支払額:約720円(3割負担)

ヒルドイド50g処方の合計コスト:約1820円

ヒルドイド1gあたりのコスト:1gあたり約36円

1回の診察でヒルドイド50gを1本処方されると、かかるコストは1gあたり約36円でした。

 

2-2.ヒルドイドの市販薬を購入した場合

ヒルドイドの市販薬(ヘパリン類似物質)を1本あたりの価格を比較してみましょう。

商品名価格(円)包装量(g)1gあたり(円)
ヘパソフト1,21810012.2
マーカムHPローション9505019
ピアソンHPローション9805019.6
Saiki(サイキ)2,35310023.5
HPローション1,3975027.9

(価格は2018年8月23日時点)

なんと、最安値は1gあたり約12円!

1gあたりの購入価格が安い市販薬がこんなにあるとは、正直驚きました。

 

2-3.市販薬のほうがお得な人とは?

最近は、アトピー性皮膚炎などでしっかり保湿剤を使用する人を除いて、大量のヒルドイドが処方されることは少なくなってきました。

月に1~2本のペースでヒルドイドを処方されている場合でも、市販薬を購入したほうが安く済むことも十分あります。

市販薬がお得になる人

  • 特に持病もなく定期通院していない人
  • ヒルドイドを月に1回、ヒルドイド1~2本だけ処方してもらう人

 

スポンサーリンク

3.おすすめのヒルドイド市販薬(ヘパリン類似物質)はこの3つ

美容目的のヒルドイド処方はダメですが、「ヒルドイドの効果を実感したい!」という人が世の中に多いのも事実。

個人で買える『ヘパリン類似物質(ヒルドイドと同じ有効成分)の市販薬』で、コスパ・使用感にこだわったおすすめの3品をご紹介します。

3-1.ヘパソフト 薬用 顔ローション(ロート製薬)<最安値>

ロート製薬の『ヘパソフト』シリーズです。

1gあたり約12円で購入できます。

ヘパリン類似物質を含む市販薬では、今のところ最安値です。

ただ、医薬部外品なのでヘパリン類似物質の含有量は0.3%よりやや少ない(詳しい量は公開されていません)のがネックです。

とりあえず最安値で効果を実感したい人には一番おすすめですね。

ヒルドイドと同じ量の製品が良い方は、次に紹介する『HP』『ピアソン』を試してみまそう。

 

3-2.「HP」シリーズ(グラクソ・スミスクライン)<ヒルドイドと同等>

HPシリーズ

グラクソ・スミスクラインの『HP』シリーズです。

1gあたり約27円で購入できます。

クリーム剤とローション剤の2種類が選べるのもポイント。全身や化粧下地用にはローション剤、部分的にはクリーム剤など使い分けるのも良いですね。

有効成分もヒルドイドと同じ『ヘパリン類似物質0.3%』のみとなっていて、一番ヒルドイドに近い保湿剤です。

グラクソ・スミスクラインって聞き慣れないメーカーかもしれませんが、薬剤師や医師なら誰でも知っている世界的に有名な医薬品メーカーで、信頼性は高いです。一般向けには、風邪薬のコンタック、歯磨き粉のアクアフレッシュとかを販売しているメーカーですね。

 

3-3.「ピアソンHP」シリーズ(新新薬品工業)<ヒルドイドと同等>

「ピアソンHP」シリーズもヒルドイドと同じ『ヘパリン類似物質0.3%』のみが入った保湿剤です。

1gあたり約20円で購入できます。

こちらもクリーム剤、ローション剤の2種類が選べます。

グラクソ・スミスクラインの「HP」シリーズとの違いは、クリーム剤には添加物として白色ワセリンが入っていることです。

白色ワセリンは皮膚への刺激も無くて保護作用が期待できますが、その反面、ベタつきが気になる人もいるかもしれません。

価格は「ピアソンHP」の方がややお安いので、使用感とコストで好みの保湿剤を選んでみましょう。

 

▼お肌のケアが気になる人へ、プラセンタはいかが?

スポンサーリンク

▼ おすすめの関連記事 ▼



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です