ヒルドイドと同じ市販薬はあるの?成分から見るおすすめ商品はコレ!

抜群の保湿効果をもつ『ヒルドイド』

毎回、皮膚科などで処方して貰っているって方もいるのではないでしょうか?

しかし、本来は美容目的でのヒルドイド使用はNG!

最近ではヒルドイドの美容目的使用が問題視されて、簡単には処方されなくなってきました。

「それでもヒルドイドを使いたい!」って人におすすめなのが、ヒルドイドと同じ成分をもつ市販薬です。ネットショッピングや薬局でも簡単に購入できるので、時間のない人にも嬉しいですね。

この記事では、ヒルドイドと同成分でおすすめの市販薬をご紹介します。

 

スポンサーリンク

1.ヒルドイド(ヘパリン類似物質)の保湿効果

ヒルドイドは赤ちゃんから大人まで、幅広く使用できる保湿剤です。

成分名は『ヘパリン類似物質 0.3%』

適応として「皮膚の炎症性疾患」や「肥厚性瘢痕・ケロイド(傷跡)の治療と予防」、「皮脂欠乏症」などの病気に使用できます。

 

研究結果からも、ヒルドイドを使用することで皮膚の水分量が上昇することが示されています。

ヒルドイド®ソフト軟膏0.3%では塗布後1日目から3日目まで角層水分量が上昇し、3日目以降もその効果が持続していることが示されました。(引用:マルホ

ピンク色の線がヒルドイド。上に行くほど角質の水分量が増えているという結果です。

この結果を見る限りでは、尿素剤より『ヒルドイド』が断然効果的ですよね!

筆者の子供にも処方されたことがありますが、使っているとカサカサした子供の肌がみるみるキレイになっていきました。

 

2.おすすめの市販薬(ヘパリン類似物質)はこれ!

美容目的のヒルドイド使用はダメですが、「ヒルドイドの効果を実感したい!」という人が世の中に多いのも事実。

個人で買える『ヘパリン類似物質(ヒルドイドと同じ有効成分)の市販薬』で、コスパ・使用感にこだわったおすすめの2品をご紹介します。

高価な尿素配合保湿剤や化粧品使うより断然おすすめです。

2-1.「HP」シリーズ(グラクソ・スミスクライン)

HPシリーズ

グラクソ・スミスクラインの『HP』シリーズです。

有効成分もヒルドイドと同じ『ヘパリン類似物質0.3%』のみとなっていて、一番ヒルドイドに近い保湿剤です。

また、クリーム剤とローション剤の2種類が選べるのもポイント。全身にはローション剤、部分的にはクリーム剤など使い分けるのも良いですね。

グラクソ・スミスクラインって聞き慣れないメーカーかもしれませんが、薬剤師や医師なら誰でも知っている世界的に有名な医薬品メーカーで、信頼性は高いです。

 

2-2.「ピアソンHP」シリーズ(新新薬品工業)

「ピアソンHP」シリーズもヒルドイドと同じ『ヘパリン類似物質0.3%』のみが入った保湿剤です。

こちらもクリーム剤、ローション剤の2種類が選べます。

グラクソ・スミスクラインの「HP」シリーズとの違いは、クリーム剤には添加物として白色ワセリンが入っていることです。白色ワセリンは皮膚への刺激も無くて保護作用が期待できますが、その反面、ベタつきが気になる人もいるかもしれません。

ちなみに、価格は「ピアソンHP」の方がややお安い感じなので、使用感とコストで好みの保湿剤を選んでみましょう。

スポンサーリンク

▼ おすすめの関連記事 ▼



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です