子供が『突発性発疹』になったときの対処法は?原因と気をつけるポイントを解説

 突発性発疹
 
初めて我が子が高熱と発疹をおこしたら、びっくりしますよね。生後6ヶ月~2歳前までの子供が高熱と発疹を起こしたら、『突発性発疹』の可能性があります。
 
 
この記事では、「突発性発疹の原因って何?」、「他人にうつるの?」、「突発性発疹にかかったときの治療法は?」など、突発性発疹に関して知っておきたいポイントをまとめました。
 
スポンサーリンク

1.突発性発疹とは?

突発性発疹は赤ちゃんが生まれて最初に熱を出す病気として知られています。
 
生後6ヶ月~2歳前までにかかることが多く、約3~5日間続く熱が下がった後に発疹が出ることが特徴です。
 
 
まずは、突発性発疹の原因と症状、予防方法について見ていきましょう。
 

1-1.突発性発疹の原因と症状は?

熱で寝込む子供

突発性発疹は、ウイスル感染によって引き起こされると考えられています。
 
 
主な原因は、ヒトヘルペスウイルス6型(HHV-6)です。その他に、エンテロウイルスや、ヒトヘルペスウイルス7型(HHV-7)なども原因となります。HHV-6とHHV-7は別のウイルスなので、一生のうちに2回かかかることがあります。
 
 
突発性発疹の症状は、3~5日間続いた高熱が下がった後に体に発疹がでてくることが特徴で、よく見られる症状を以下にまとめました。
突発性発疹でよくみられる症状
  • 高熱(40℃を超えることも)の割には比較的機嫌が良い
  • 解熱後の発疹は、体幹部分から始まって、顔にも広がる
  • 機嫌が悪くなり、食欲不振になることも
  • かゆみはなく、1~4日で消える
  • 下痢や軟便を伴うことがある
  • 熱性けいれんを起こすこともある
 
比較的良好な経過をたどることが多いですが、まれにけいれんを起こしたり重症化する場合があるので注意が必要です。
 

1-2.予防法は?

家族の絵
突発性発疹の原因ウイルスであるHHV-6やHHV-7は、過去に感染したことのある大人から唾液などを介して赤ちゃんに感染すると言われています。
 
 
つまり、空気感染や、くしゃみや咳よる飛沫感染では感染する可能性は低く、家庭内での濃厚接触による経口感染が主な感染経路です。
 
 
乳幼児期にはほとんどの子供が原因ウイルスであるHHV-6やHHV-7の抗体を持っている(大人から感染している)と言われているので、予防方法は無いと考えたほうが良さそうです。
 
 
また、予防のためのワクチンなどもありません。
 

1-3.他人に伝染することはある?

突発性発疹は感染力が弱いので、他人に伝染することは基本的にはありません
 
しかし、まれに子供同士での感染も報告されているので、症状が落ち着くまでは保育園などはお休みしたほうが良いでしょう。
  

2.突発性発疹の治療と、気をつけるポイント 

突発性発疹は予後良好な病気です。しかし、一般的な発熱に対する対処法や、まれに重症化する場合があることは知っておかないといけません。
 

2-1.突発性発疹の治療は対症療法(解熱剤や水分補給)

通常の突発性発疹に特別な治療は必要ありません必要に応じて、解熱剤や水分補給などによる対症療法を行うことで改善していきます。
 
以下に一般的な対処法まとめておきます。
突発性発疹の対処法
  • 熱があれば、脇・股・首の後ろなどを冷やす(おでこはあまり効果なし)
  • 必要に応じて解熱剤を使う
  • 発熱・下痢などによる脱水予防のため、水分補給をしっかりする(一度に大量ではなく、少しずつこまめに)
  • 汗をかいたら体を拭き、こまめに衣服を変える
  • 体力を消耗しているので、お風呂は軽快するで避けたほうが良い
 
 

2-2.けいれんや反応が鈍いときには、すぐに病院へ

泣く赤ちゃん
突発性発疹は、まれに熱性けいれんをおこしたり、具合が悪くなることがあります。
 
 
子供の症状をよく観察して、様子がおかしければすぐに病院に受診しましょう。
ちなみに熱性けいれんは、解熱剤では予防できません。
 
 
また、発熱時の受診の目安はこちらの記事にもまとめてありますので、参考にしてください。
 

参考記事 子供の発熱で病院にかかる目安は?~初期治療と注意すること~

 
スポンサーリンク

3.まとめ ~突発性発疹は予後良好、しかし熱性けいれんなどには注意を~

突発性発疹は、子供が発熱して3~5日間続いた高熱が下がった後、体に発疹がでてくる病気です。
 
比較的予後良好は病気といわれているので、過度に心配する必要はありません。
 
 
発熱や脱水などの対策はしっかりとして、発熱や発疹が治まるまでは具合が悪くなっていないか確認し、いつでも病院へ相談できるようにはしておきましょうね。
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です