プロフィール

ブログ運営者の情報です。

ブログ運営者:あきゆい

<運営者:あきゆい>

大学院生時代に1型糖尿病を発症。

当時は入院しながら就活のため東京や大阪を行き来するが、同じ病気の人の役に立てればと思い、企業の内定を辞退して病院薬剤師へ。

現在は糖尿病チームの一員として、1型糖尿病患者(特に小児)の生活指導に力を入れており、最近になって1児のパパとしても奮闘中。

このブログでは1型糖尿病の薬剤師が「薬」、「病気」、「1型糖尿病」、「育児」などで役立つ内容を紹介します。

 

1型糖尿病とは

1型糖尿病は、すい臓のβ細胞(血糖値を下げる働きをもつホルモンであるインスリンを分泌する細胞)がウイルス感染など何らかの原因により破壊されてしまい、インスリンを出すことができなるなるために発症します。従って、生活習慣病の2型糖尿病とは、根本から発症原因が異なります。 

1型糖尿病になってしまうとインスリンが出ないため、食べ物から吸収した糖をエネルギーとして使うことができなくなり高血糖となります。

異常な高血糖を放置すると、合併症の発生や最悪死に至ることがあるので、インスリンを外から注射しなければなりません。

ちゃんとインスリン注射をすれば、食事・運動などの生活に一切の制限はありません(ココ大事)。