プライム会員の新特典「Prime Reading」と「Kindle Unlimited」の違いをまとめてみた。

アマゾンプライム会員の新しい特典「Prime Reading(プライムリーディング)」が10月5日に開始され、話題を呼んでいます!

Prime Readingは、電子書籍配信サービス「Kindle」からKindle本、マンガ、雑誌など数百冊以上が追加料金なしで読める新サービス。Amazonの会員制サービス「Amazonプライム」の新しい特典として追加されました。

でも、今までもKindle本読み放題サービス「Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)」があったはず。ぱっと見、同じようなサービスにしか見えないんですが・・・。

そこで、「Prime Reading」と「Kindle Unlimited」の違いをわかりやすくまとめてみました。

スポンサーリンク

「Prime Reading」と「Kindle Unlimited」の違い

新特典「Prime Reading」と「Kindle Unlimited」を比較してみたものの、イマイチ違いが分かりにくかったので、それぞれの特徴や違いを一覧表でまとめてみました。

  Prime Reading Kindle Ultimated
対象者 プライム会員 誰でも
料金 0円
(プライム会員費用:年額3900円 or 月額400円 必要)
月額980円
対応端末 スマホ、タブレット、PC、Mac、Kindle スマホ、タブレット、PC、Mac、Kindle
対象商品 書籍・マンガ・雑誌など 書籍・マンガ・雑誌など
対象数 数百冊
(サービス開始時点:和書・洋書合計896冊)
100万冊以上
(和書12万冊、洋書120万冊)
初回無料期間 30日間(プライム会員無料体験期間) 30日間
同時ダウンロード
可能数
10冊 10冊

大きな違いとしては、

  1. Prime Readingは、プライム会員のみ0円で利用可能(Kindle Unlimitedはプライム会員でも月額980円必要)
  2. Prime Readingは、サービス開始時点の対象冊数がKindle Unlimitedより断然少ない

この2点ですね。

Prime Reading開始時点の商品には、

  • 書籍:「陰日向に咲く」、「学校では教えてくれない大切なこと」、「カーネギー話し方入門」、「花咲舞が黙ってない(シリーズ)」など
  • マンガ:「インベスターZ」、「あなたのことはそれほど」、「カイジ」など
  • 雑誌:「東京カレンダー」、「Ray」、「DIME」、「文藝春秋」など

が、それぞれ対象となっています。

非プライム会員では、Prime Readingは利用できないサービスなので、非会員がKindle読み放題を利用するならKindle Unlimited一択になります。

しかし、プライム会員なら、たとえKindle端末を持っていなくても、スマホ・PCなどからKindleアプリをダウンロードしておけばPrime Readingを使用することができるので、メリットは大きいと言えます。

 

結局、どっちが良いの?

悩む女性

月数冊以上Kindle本を読む方であれば、読み放題のほうが最終的にコストを抑えられるかもしれません(読み放題対象本に気に入ったのがあれば)。

商品数は圧倒的にKindle Unlimitedが多いのですが、プライム会員・非会員ともに月額980円かかってしまうので、ちょっと躊躇してしまいますよね。

Prime Readingは、Kindle Unlimitedの対象本の中から、さらに厳選された商品が読み放題になっているサービスと言えるので、まずはPrime Readingで読み放題を試してみてみることをオススメします。

初めてプライム会員になる人は、プライム無料体験期間中であればPrime Readingを体験することができるので、ぜひ試してみて下さいね。→プライム会員の無料体験はこちら

プライムリーディングを体験した後に、毎月数冊読めそう&Kindle Unlimitedにも読みたい本がある場合には、Kindle Unlimitedを利用してみるという使い方も良いですね。

とりあえず、僕もPrime Readingを使いまくります!

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です