【ソラチカルート】げん玉からANAマイルへの交換方法と、スマホ版げん玉の注意点

げん玉・メトロポイント間のソラチカルートが開通しました!

高還元なポイントキャンペーンを開催する事が多い「げん玉」ですが、メトロポイントへ直接交換できるソラチカルートが使えなかったので、陸マイラーにとっては使いづらいサイトでした。

しかし、げん玉→メトロポイントへの交換が可能になったことで、陸マイラーの「げん玉」利用頻度が上昇すること間違いなしです。ただし、スマホ版げん玉ではメトロポイントへの交換に際してちょっとしたバグがあるので注意が必要です。

この記事では、げん玉からメトロポイントへの交換方法と、スマホ版げん玉の注意点をまとめてあります。

1.げん玉→メトロポイントへ交換可能に

1-1.今までは限られた人だけが、PEX経由でメトロポイントに交換できた

げん玉は「PointExchange」しか交換先が無かったため、陸マイラーの利用頻度としては少ないサイトという評価でした。

ただし、限られた人のみPEX経由でメトロポイントへ交換可能ではあったんです。

PEX経由ソラチカルートの対象者

過去にライフマイル(ポイントサイト)に登録し、ライフマイルからリアルワールドに移行した人のみ対象

「何じゃそりゃ」って感じで、過去のサービスを利用していなかった人には全く使えない手法でした。

ですが、今回から誰でもメトロポイントへ交換できる形でソラチカルートが開通しました。

 

1-2.誰でもドットマネー経由でメトロポイントへ交換可能に!

今回、誰でもげん玉からメトロポイントへ交換可能になりました!

それに合わせて、11月14日まで『「メトロポイント」へポイント交換を行うと交換額の5%ポイントプレゼントキャンペーン』も行われていました。

「メトロポイントへ交換・・・」と書かれると直接メトロポイントへ交換できそうな印象を受けますね。

でも、実際には「げん玉→ドットマネー→メトロポイント」という既存のソラチカルートが開通したということなので、注意が必要です。

キャンペーン注意事項

※げん玉から交換する場合は「ドットマネー」に登録し、その後メトロポイントへ交換出来ます。(引用:げん玉

ドットマネー経由だとANAマイルまで最低でも2ヶ月かかるのがネックです。げん玉ポイントから“直接かつ短時間で”メトロポイントに交換できたら、かなりのアドバンテージだったと思うんですが・・・そう上手くはいかないですね。

ちなみに、交換レートは『げん玉→ドットマネー』が100%なので、通常のソラチカルートと同様にげん玉で貯めたポイントは90%のレートでANAマイルに交換できます。

 

2.スマホ版げん玉から、ドットマネーにログインできない?

先程も書いたとおり、「げん玉からメトロポイントへ直接交換できる!」と思いきや、実際にはドットマネー経由のソラチカルート開通ということでした。

ただし、スマホ版げん玉では、既に開設しているドットマネーのIDでログインできない現象が確認されているので、注意が必要です(2017年11月20日現在)。

スマホ版げん玉のポイント交換画面で確認すると・・・

スマホ版げん玉のメトロポイント交換画面

『げん玉のIDで口座開設』ボタンだけが表示されて、ログイン画面が見当たりません。

ここでうかつに、げん玉IDで口座開設してしまうと、ドットマネーアカウントを重複して持ってしまうので面倒なことになります。

では次に、PC版げん玉のメトロポイントへ交換するページで確認してみると・・・

『すでにAmeba会員の方はこちら』ボタンが表示されて、普通に今までのドットマネーにログインできます。そのため、「スマホですぐにポイント交換申請できないのはちょっと面倒だな~」と思っていました。

ですが、スマホのブラウザに搭載されている『PC版サイトを見る』のチェックボックスをオンにしてみたところ・・・

スマホでも確認できるようになりました!

これで外出先でもドットマネ経由でメトロポイントへ交換申請ができるようになります。

ちなみに、僕のスマホのブラウザはChromeなんですが、FireFoxやiPhoneのSafariを使用している人でも同様の機能がブラウザのメニューに搭載されているはずなので、ぜひ確認してみて下さい。

iPhoneを持っている友人もドットマネーのログイン画面が出ないと言っていたので、スマホ版のバグなんでしょうかね~?早く改善されることを期待します。

何はともあれ、げん玉を活用してさらにマイルを貯めるチャンスを増やしたいですね!

げん玉への登録がまだの方は、こちらからどうぞ。このバナー経由で登録すると250pt貰えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です