糖尿病の合併症で注意すべき『しめじ』とは?原因と予防法をわかりやすく解説

『糖尿病は合併症が怖い』というのは、よく知られていますね。

その理由は、糖尿病を放置して血糖値が高い状態が続くと、やがて合併症を引き起こして失明したり透析になったり、手遅れな状態になってしまうからです。

 

特に糖尿病の3大合併症と言われているのが、『しめじ』です。

キノコの『しめじ』じゃないですよ。

3大合併症を覚えやすくするために、病名の頭文字をとって『し(神経障害)、め(眼または網膜症)、じ(腎症)』と呼ばれているんです。

この記事では、糖尿病の3大合併症を起こさないために、知っておきたい情報をまとめました。

 

スポンサーリンク

1.糖尿病の3大合併症『しめじ』とは?

糖尿病の3大合併症、神経障害、眼または網膜症、腎症ってどんな病気なんでしょうか?

本当に怖い、『しめじ』の原因と症状について解説します。

1-1.『し』:神経障害

 

神経障害

糖尿病3大合併症で一番早く出てくると言われているのが、『神経障害(糖尿病性神経障害)』です。

高血糖の状態が続くと、神経にソルビトールという物質が蓄積し、神経伝達がさまたげられてしまうため、神経障害が起きると考えられています。

この神経障害って、どんな症状か想像できますか?

 

もし、あなたが『素足でも厚手の靴下を履いているような感覚』があったら、神経障害が出ているかもしれません。

 

神経障害は手足の先から始まって、徐々に痛みや触った感覚などが無くなってしまう病気です。

この合併症の怖いところは、足先の感覚がなくなることでケガをしても気づかず放置してしまい、傷口が化膿して、最悪の場合は足を切断しなければいけなくなるところです。

 

足に釘が刺さったり、ストーブで火傷をしても気づかないなんて、嘘みたいな話が本当になってしまうのが糖尿病性神経障害なんです。

 

1-2.『め』:眼または網膜症

網膜症

糖尿病によって眼におきる合併症、『網膜症』って知っていますか?

え、知らない?

じゃあ、糖尿病が悪くなると失明するって聞いたことありません? そう、それが糖尿病による網膜症の成れの果てです。

 

なんと、日本における失明の原因第一位が、『糖尿病による網膜症』なんだそうです。

成人の失明原因の中で一番多いのが、糖尿病網膜症だ。毎年なんと約3,000人が、この病気で視力を失っている。

(引用:糖尿病ネットワーク

では、なぜ網膜症が引き起こされるかというと、高血糖状態が続くと眼の血管がもろくなり、網膜が障害されてしまうからです。

網膜が傷害されると、視力が低下して、治療せずに放置すると最悪の場合失明してしまいます。

 

1-3.『じ』:腎症

腎症

糖尿病では眼だけでなく、全身の血管が傷害されてしまいます。

特に腎臓は血管の集合体なので、糖尿病で高血糖を放置すると腎臓の機能が悪くなる『腎症』が引き起こされてしまいます。

 

そして、腎症の進行を早めに止めないと、最終的に人工透析になってしまいます。

人工透析は週3回、1回4時間前後かかるので、日常生活の自由時間が奪われ、患者さんは辛い思いをします。

最近では、人工透析の原因第一位が糖尿病性腎症になってしまいました。

日本透析医学会が毎年実施している統計調査「わが国の慢性透析療法の現況」によると、2015年12月時点で、国内で透析療法を受けている患者数は32万4,986人で、前年度より4,538人増加した。透析の導入患者の原疾患の第1位は糖尿病性腎症で43.7%に上る。

(引用:糖尿病ネットワーク

 

2.糖尿病の合併症を予防する方法

糖尿病の合併症って怖いですよね!

合併症を予防する方法って無いんでしょうか?

 

ここまで読んでくださった方は、もうお気づきですね。

そう、『血糖値を良くすること』が糖尿病の合併症を防ぐ唯一の方法なんです。

「血糖値が高くてもなんともないし・・・」って、甘く見ていると、手遅れになってしまいますよ。

 

ちなみに、血糖値を下げる方法がいくつかありますが、まずは食事を見直すことをおすすめします。特に炭水化物が血糖値の上がり方に密接に関わっているので、よく考えて食べたほうが良いですね。

 

炭水化物と血糖値の関係について詳しく知りたい方は、【血糖値を下げる方法】“炭水化物”に注目!糖尿病を劇的に変える『カーボカウント』とは?にまとめています。

 

3.まとめ

糖尿病って初めは痛くも痒くも無いけれど、放置すると足を失ったり、視力を失ったり、透析のために時間を奪われたり、とっても辛い思いをする病気なんです。

糖尿病であっても、合併症がでなければ健康な人と変わらない生活がおくれます。

血糖値をしっかり管理して、将来、合併症がおきないように心がけましょう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です