【保育園へ行く前に接種を】B型肝炎ワクチンが定期予防接種に!打たないとマズイ?

 

B型肝炎ワクチンが平成28年10月1日から定期接種に変更されましたね。

つまり、0歳児はみんな打たなければなりません。でも、予防接種のスケジュールがもっと大変になっちゃうし、本当に必要なんでしょうか?

定期予防接種に変更された「B型肝炎ワクチン」についてまとめました。

 

スポンサーリンク

1.B型肝炎ワクチンについて

B型肝炎って名前はよく聞くけど、実際どういう病気か知っていますか?B型肝炎とその予防接種スケジュールを知って、大切な我が子を守りましょう!

1-1.B型肝炎とは

B型肝炎は、B型肝炎ウイルスに感染することにより発症します。

B型肝炎には、「一過性感染」と「持続感染」という2つの感染タイプがあります。多くの感染者は一過性感染を経て治癒しますが、一部の人ではB型肝炎ウイルスが体内に一生残る場合があります。

 

一過性感染は、「急性B型肝炎」と「B型肝炎ウイルス不顕性感染」に分けられ、持続感染は、「B型肝炎ウイルス無症候性キャリア」と「慢性B型肝炎」とに分けられます。

慢性B型肝炎になって放置すると、将来的に肝硬変、肝臓がんを引き起こして死に至る可能性があります。

 

 

そして、乳児ほどB型肝炎ウイルスの持続感染になりやすいことが知られています。

  • 出産時の感染や、乳幼児期に感染した場合は、免疫機能が未熟なためウイルスを排除することができない持続感染者(キャリア)となる場合があります。持続感染者が思春期から30歳頃になると免疫機能が発達するため免疫細胞がウイルスを排除しようとします。その際、感染している肝臓の細胞も一緒に壊してしまうため、肝炎を発症します。多くの場合、肝炎の症状は軽いですが、B型肝炎ウイルス感染者の10~20%の人は慢性肝炎へと進行し、その中から肝硬変、肝がんを発症する人も出てきます。(引用:肝炎情報センター)

 

1-2.B型肝炎ワクチンの効果と副作用

B型肝炎ワクチンは、「ビームゲン」と「ヘプタバックスⅡ」の2種類が国内で使用されています。それぞれの薬剤に細かい違いはありますが、両者とも広く使われ、効果や安全性が確立しています。

 

● 効果

B型肝炎ワクチンを接種すると、B型肝炎に対する抗体ができます。その抗体によって、肝炎ウイルスの感染予防効果が期待できます。

予防接種によるB型肝炎予防効果は、約10~20年続くとされています。

 

● 副作用

5%以下の確率で、発熱、発疹、局所の疼痛、かゆみ、腫脹、硬結、発赤、吐き気、下痢、食欲不振、頭痛、倦怠感、関節痛、筋肉痛、手の脱力感、などが生じることがあります。

しかし、全て一過性と言われています。

 

1-3.定期接種の費用と対象者

B型肝炎の定期接種にかかる費用は、公費(無料)です。

しかし、この公費の対象となる赤ちゃんは、平成28年4月以降に生まれた「0歳~1歳未満」であることに注意しましょう。それ以前に生まれた赤ちゃんは従来通り任意接種となります。

 

1-4.定期接種スケジュール

B型肝炎の予防接種スケジュールは、定期接種と任意接種で異なってくることに注意が必要です。

 

● 定期接種(0歳児~1歳未満)

定期の標準接種スケジュールは、生後2か月に1回目、その後27日以上の間隔をあけて生後約3か月で2回目、1回目から139日以上の間隔を置いて生後7~8か月ごろに3回目を接種します。また、定期接種としては1歳になるまでに接種を完了しなくてはなりません。

 

● 任意接種(1歳以降~)

定期接種が1歳までに完了できなかった場合や、平成28年4月以前に生まれている場合は、任意で3回目まで予防接種を受けることができます。この場合は公費対象になりません。

 

 

2.B型肝炎ワクチンの定期接種は必要?

B型肝炎の感染経路には「垂直感染(母子感染)」と「水平感染」があります。

「母子感染はしていないし、うちの子供にB型肝炎の定期接種なんて不要」とおもっている、そこのあなた! 乳幼児の集団生活でも、過去にB型肝炎が発生した事例を知っていますか?

 

2-1.「保育所におけるB型肝炎集団発生」事例(佐賀県)

2002年に佐賀県の保育所で園児や職員がB型肝炎に感染したという報告がでました。

これって、かなりショッキングな事件です。

「佐賀県B型肝炎集団発生調査対策委員会」の報告書を抜粋すると、以下の内容です。

○ 平成14年4月、佐賀医科大学付属病院(現佐賀大学医学部付属病院)から佐賀中部保健所に急性B型肝炎発生届けがあり、当該患者の通園している保育所におけるB型肝炎の集団感染が疑われたことから、県では平成14年5月、「佐賀県B型肝炎集団発生調査対策委員会」を設置し、①当該保育所におけるB型肝炎の蔓延防止に努めるとともに、②原因の究明と③再発防止策の検討を行ってきた。

○ ①佐賀市、佐賀郡内の症例検索、②保育所関係者のスクリーニング検査、③感染源検査、④感染経路調査等を行った結果、合計25名の者(園児19名、職員6名)が当該保育所内でB型肝炎に感染した疑いがあることが明らかとなった。

○ 感染経路については、疫学的には①HBVキャリアの元職員から園児への感染、②園児間の感染、③園児から職員への感染、④兄弟間、4つの可能性が考えられ、現場の状況調査や保育士等からの聞き取り調査等から、感染につながりえることを否定できない様々なエピソードが確認され、感染様式に血液や滲出液を伴う皮膚疾患の一定の関与が疑われたが、特定するには至らなかった。

(引用:保育所におけるB型肝炎集団発生調査報告書について)

これは、乳幼児でも「いつ・どこで」B型肝炎に感染するか分からないということを示していますね。

 

2-2.思春期までにB型肝炎の抗体を持っておこう

実は、B型肝炎ワクチンの「抗体獲得率は年齢が低いほど高い」ということがわかっています。

通常の3回接種では、生直後や乳児期前半の接種の場合には99~100%、思春期では90~95%、成人以降は概ね90%前後の確率で免疫を獲得します。40歳以降では90%以下に、60歳以降では75%以下になります。

(引用:B型肝炎 © 2017 IKOMAIIN

この記事にもあるように、「乳幼児期に予防接種をすればほぼ確実に免疫を獲得出来る」のに対して、「思春期では予防接種をしても5~10%の人が免疫を獲得できない」とうことになります。

 

早期の予防接種は、やっぱり大切ですね。

 

スポンサーリンク

3.まとめ ~B型肝炎予防の大切さを知ろう~

B型肝炎は、一度でもB型肝炎ウイルスが体に入って持続感染(キャリア化)してしまうと、肝硬変や肝がんなどのリスクが一生つきまとう怖い感染症です。

さらに、キャリアの人が他の人に感染させてしまう「母子感染」や「水平感染」も問題となっています。

 

しかしB型肝炎は「乳幼児期の予防接種によって、予防できる感染症」です。

 

せっかく公費で定期接種になっているのですから、面倒臭がったり、副作用を過度に怖がるなど、”目先のデメリット”ばかりに目を向けず、”しっかり子供の将来を考えて”、必ず予防接種するようにしましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です