DIME(DimeCoin/ダイムコイン)とは? 開発再開で今後上がるかも?

DIME(DimeCoin/ダイムコイン)って知ってます?

一度開発が頓挫して、2017年9月頃から再スタートした仮想通貨です。

ずーっと底に沈んでいたんですが、草コインの人気ぶりから価格も上昇中です!

更に、開発も動きがあるようなのでまとめてみましたよ。

スポンサーリンク

1.DIME(DimeCoin/ダイムコイン)とは?

DIME(DimeCoin/ダイムコイン)は、一度開発が途絶えてずーっと価格が低迷。その後再開発がスタートしたばかりの仮想通貨です。

1-1.DIMEの価格

 

DIMEはちょっと前まで0.004円以下で取引されていたんですが、最近価格が上昇してきましたね。

2017年1月7日現在、0.01円を突破しています。

まあ、それでも安っい草コインです。ランクもまだ200番台。

 

1-2.発行枚数が多い

DIMEは発行枚数が5000億枚を超えています。

これは多すぎですね。PAC(パックコイン)ほどではないですが。

関連記事 PAC(PacCoin/パックコイン)とは? 特徴&おすすめの買い方まとめ

 

1-3.公式サイトもリニューアル

公式サイトもリニューアルしているようですね。

DimeCoin公式サイト

以前のサイトよりクオリティが格段に上がっています。個人的には割りと好きなデザイン。

よく見るとペーパーウォレットやPCウォレットもリリースしていたりと、本気で開発しているように見えますが、どうなんでしょうね?

まだロードマップなども出ていないのでよくわかりません。

 

1-4.CPUマイニングができる

DIMEはQuarkをベースとしているようです。

クォーク(Quark)はとてもセキュアな暗号通貨であり、30秒のブロック時間を持つ最速の通貨の1つです。クォークは6つの異なった(そして強力な)ハッシュ関数を使用しているため、非常に安全にします。また、クォークは、CPUマイニングだけを可能にすることで、配布を容易にします。これにより、すべての個人が貢献することができます。そして30秒のブロック時間によって、あなたの取引は平均で40秒で確認されます。(引用:CoinDatabase

そのため、DIMEもCPUマイニングができるとのこと。

僕はまだ試していませんが、マイニングプールを覗いてみると・・・

CPUスペックがわからないのでなんとも言えませんが、あまり掘れないかも?(通貨価値から見て1位以外の人は電気代の方が高くつきそう・・・)

 

2.DIMEの将来性は?

DIMEは、まだ情報の少ない仮想通貨なので将来性は「不明」ですね。

現在は草コインに投機的な動きが強いので価格が上昇していますが、今後も価格上昇するかは不透明です。

ですが、DimeCoinの公式Discord(まだまだ過疎ってる)にはロードマップ発表予定であることがアナウンスされているので、それによっては価格上昇が見込めるかもしれません。

仕込むなら今のうちですね。

 

スポンサーリンク

3.おすすめのDIME購入方法

DIME(DimeCoin)を購入するなら、CoinExchange(コインエクスチェンジ)での取引をおすすめします。

CoinExchangeではDIMEのアイコンが昔のまま金色のものですが、問題ないと思います。

BTC建ては損する(価格差がありすぎて超割高)ので、おとなしくDOGEコインでDIMEを購入しましょう。

コインエクスチェンジは話題のXPなどの草コインが豊富にあり、2段階認証などのセキュリティ面もしっかり確保されています。

口座開設の際は本人認証不要で、スピーディに開設できるので早めに手続きしておきましょう。

→ CoinExchange(コインエクスチェンジ)

ちなみに、Cryptopiaは海外の取引所なので、日本円での直接入金はできません。Coin Check(コインチェック)などの日本の取引所でBTC(ビットコイン)やLTC(ライトコイン)を購入してCryptopiaに送金しましょう。

 

4.DIMEを買ってみた

実は、約0.004円の時期にCryptopiaで少しだけDIMEを買ってみました(この頃はまだCryptopiaでもDOGE/DIMEで取引できたので)。

DOGEコイン約16393枚で、約4325965枚のDIMEが購入できました。

もし、1円になったら日本円換算で400万円超えますね!(→ 現在はすでに購入時より価格が2倍以上になってます)

とりあえずはこのまま握りしめていることにします 笑

Cryptopia(クリプトピア)はDIME以外の草コインも豊富にそろっている取引所なので、草コイン探しをしてみるのも面白いですよ。もちろん余剰資金のうちの余剰資金でね。

ちなみに、いまDIMEを購入するならCoinExchange(コインエクスチェンジ)で取引しましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です